デザイン紹介|オーダーメードユニフォーム(作業着、オフィス、事務服、イベント、業務用、飲食店)なら株式会社太洋

デザイン紹介

社会、企業、個人をつなぐユニフォーム

ユニフォームデザイン作成について

ユニフォームはただの作業着ではなく、着用する企業とそのクライアント、お客様とのコミュニケーションのツールです。
そのユニフォームを最大限活用していただくために3つの視点からのもの作りを心がけています。

Point1
ユニフォームを採用する企業の目線です。しっかりとしたユニフォームの支給は会社の福利厚生の一部です。
人材募集の際などでも活用が見込まれます。また、できるだけ長く着用ができる商品作り、素材選びなどもランニングコストを考えると必要なポイントとなります。
Point2
着用するスタッフの目線です。作業環境、内容、動きやすさ、収納、様々な使いやすさを考慮しデザインし、機能を考えた作りにしていきます。
これらの機能を考え作ることで生産性のアップにつながります。また自社ユニフォームに誇りを持ちモチベーションアップの効果も上げることができます。
Point3
お客様や地域社会など一般の人の目線です。
一般の人から見てどのようなイメージなのか?
きちんとユニフォームを着用しているか?
清潔感はあるか?
安心感のあるイメージを発信するツールであり広告となりえます。
きっちりした着こなしでお客様や一般の方への印象をUPさせ円滑な関係を構築するためのものとなります。

他にも効果はそれぞれ、たくさんありますが、3つの視点をもとに、企業様のヒアリングを行い一番適したユニフォームのご提案を心がけております。
ユニフォームは検討しはじめてから導入まで、とても時間と手間がかかるものですが、私たちはそのお手伝いと納入後のフォローアップまで御社のユニフォームのアドバイザーとして寄り添っていけるようなそんな思いでユニフォームをお作りしております。

▲このページのトップへ

デザイン提案事例紹介

デザイン提案01

クライアント様のご意向や、企業イメージを大切にユニフォームコンセプトを作り上げデザイン作業にはいっていきます。
また細部にわたって「こうしてほしい」「ああしてほしい」というリクエストもヒアリングし、実際に着用なさるスタッフの皆様にとって快適なユニフォームの完成を目指しております。
ファッションの流行は短いサイクルで変わっていきますが、そのトレンドに流されると、すぐデザイン変更ということになってしまいます。従って流行を取り入れながらも、機能性・着心地・視認性、さらには素材の耐久性などを吟味した企画を提案させていただいております。

デザイン提案02

茶 × 黒のチョコレートカラーを基調とし、店内装とパッケージにマッチしたデザインをポイントに。
ベストとエプロンドレスには千鳥柄のラメ生地と木目柄のボタンを用いてシックに仕上げました。
シャツは腕を上げやすく、ずり上がらない「腕上げ楽ラク機能」。洗って干すだけ、アイロン入らずの「ノーアイロン機能」。ボトムにはワンタッチで裾上げが調整可能な「裾上げ楽ラク機能」。スカーフには、肌に触れずに着用できるワンタッチスカーフを採用しました。

既成品からオリジナルまで、ユニフォームのことならお気軽にお問い合わせください。 お電話の方はこちらからどうぞ TEL:03-3639-5454
お問い合わせ・カタログ請求
このページのトップへ

ホームページ制作はこちら