コンサルタント紹介|オーダーメードユニフォーム(作業着、オフィス、事務服、イベント、業務用、飲食店)なら株式会社太洋

コンサルタント紹介

  • 代表取締役
  • 営業 寺尾 公宏
  • 営業 興梠 賢一郎
  • 営業 君嶋 駿彰
  • 営業 上野 健太
代表取締役 渡辺 登

オリジナルユニフォームを理解していただくことからスタート

主に新規のお客様のオリジナルユニフォームを担当しています。オリジナルの場合は、まずお客様がオリジナルユニフォームというものをどの程度理解されているかを確認するところから始めます。オリジナルだからといってすべてを自由に作れるとは限りません。例えばサイズなら規格サイズに準じたものしか作ることができない場合などもあります。そのような特徴や注意事項などを説明し、事前にご理解をしていただきます。そして、お客様がどこまでオリジナルにこだわりたいのか。いろいろな要望を聞き出した上で、例えば「パンツまでオリジナルで作る必要はないのでは?」と判断できれば、既製品をおすすめすることもあります。このように、お客様と何回も打ち合わせを重ねることでご要望が明確になっていきます。

概ね既製品より高価になるオリジナルだからこそ納得いただけるものを提供したい

取締役 渡辺 登頭に思い描いている理想のユニフォームを、オリジナルで実現するのは決して簡単ではありません。だからこそ、ヒアリングの段階で思っていることを、全部ぶつけていただきたいのです。完成するまでにいろいろな段階がありますが、必ず納得した上で進めていくことが重要だと思います。既製品より高いお金を出してオリジナルユニフォームを作っていただく場合が多い訳ですから、納得した上で購入を決めていただきたいと思っております。ただし、完成するまでにある程度時間はかかってしまいます。検討したり悩んだりする時間も必要ですし、デザイン等も納得できるものが一回で上がってくるとは限りません。そうしたことを踏まえた上で、時間に余裕を持って進めることもオリジナルユニフォーム作りを成功させるコツです(デザインから検討される場合は最低でも期間を半年程度は見ていただいております)。

オリジナルユニフォーム作りに携わらせていただく喜び

ユニフォームは会社の顔でもあります。そんなオリジナルユニフォーム作りに、携わらせていただけるのは、とても光栄なことです。納得いただけるものが完成して、お客様にとても喜んでいただけるのも、この仕事の醍醐味です。
以前、某高級チョコレート販売チェーン店のお客様から、オリジナルユニフォームの依頼をいただいたことがありました。何度もヒアリングとデザインを繰り返して、やっと納得していただけるユニフォームを完成させることができました。最後に「太洋さんに頼んで良かった」と仰っていただき、とても嬉しかったことを憶えています。これからも、お客様に喜んでいただき、自分も納得して喜べる、そんな仕事を続けていきたいです。

▲このページのトップへ

営業 寺尾 公宏

お客様にとっての利益にどんなお手伝いができるか、考え続けることが大切

前職は求人広告の営業をしていました。せっかくお客様と仲良くなって仕事を進めても、社内の異動によって担当のお客様が変わってしまうことも少なくありませんでした。そこで、お客様と時間をかけ関係を継続し続ける仕事はないかと探していたところ、縁があって入社することになったのが太洋でした。
現在は既存のお客様と、新規のお客様を開拓するチーム営業のとりまとめをしています。
この既存と新規のお客様に対して前職では難しかった 時間をかけながらお客様を知り、関係を継続し続けるためにどんなお手伝いができるのか、を日々可能な限り考えるよう意識し活動しています。

相手の立場に立って、話を聞くこと

営業 寺尾 公宏ユニフォームの提案をするときは、お客様が何を望んでいるかを把握することが大事です。同じ業種、同じ職種でもお客様の会社のスタイルによって要望が異なることはよくあることだからです。そのため、それぞれのお客様にとってのユニフォーム選び、それはお客様の話を聞くしかありません。ご要望をとことん聞いて、どうすれば最大限のことを提供できるかどうかを考えるのが大切だと考えます。
その際、相手の立場になって物事を考えることを心掛けています。担当者様が、どのような状況の中で太洋にユニフォームの提案を依頼してきているのか。それができてこそ、相手と話をして要望を汲み取ることができるのではないでしょうか。自分の中では十分に考えたつもりでも、相手は別のことを望んでいたとすれば、それは自分の考えが相手の立場になりきれていないということ。相手の立場に立って物事を考える能力を鍛えるには、日々考え続けることだと思います。

ユニフォームについての、どんな悩みにも対応いたします

各企業のユニフォーム担当の方は、いろいろな業者を探すと思いますが、ユニフォームに十分詳しい方なら、ネットで最安値の業者を探すことも選択肢のひとつだと思います。しかし、「ユニフォームをどうやって探せばいのか皆目見当がつかない」という人であれば、ぜひ太洋にお声掛けください。ご希望に応えられるか分かりません。しかし弊社でできることには、最大限の努力でお手伝いいたします。まずは何に悩んでいるのかお聞かせください。

▲このページのトップへ

営業 興梠 賢一郎

私自身の人柄で、ユニフォームを買っていただくのが理想

もともと人と話をすることが好きで、太洋へ入社しました。現在の仕事は、既存のお客様の対応が中心ですね。例えば、今のユニフォームは長い間着ているから、そろそろ買い替えたいとか、新入社員が入社するからユニフォームを買いたいとか。そのような要望に応じて、新しい提案をしています。
フットワークは軽く、明るくて元気なところが取り柄ですので、お客様のところへは頻繁に出向いています。どちらかというと、仕事の話より雑談などが多いですね。いつも「制服買いませんか」という話をしていては、お客様は決して居心地がいいわけはありませんから。お客様には着たいと思えるユニフォームを着ていただきたいので、もちろん無理に売ることはしていません。だから、「いろいろな業者の方がいるけど、興梠さんから買いたい」といわれると、人として認められたような気がして、素直に嬉しく思います。

お客様の要望を掴むコツは、なるべくお客様に話してもらうこと

営業 興梠 賢一郎ユニフォーム選びで大切なことは、何を重視するか。それはお客様の業種や仕事内容によって変わってくるので、一概にいえないところがあります。そのため、例えば、毎日のように洗濯が必要になるような職場であるなら、乾きやすいポリエステル素材のものを。見た目を重視されるならデザインのいいものを、といった具合に提案しています。「どのような使い方をするのか」「使用頻度は」「洗濯の回数は」といった、重視する項目内容を聞くことが重要です。
しかし、重視する項目がぼんやりしているお客様が多いため、これを聞き出すのは、簡単なようで実は難しいのです。対策はできるだけお客様の方から話していただけるように、聞きこんでいく必要があります。
別のアプローチとして、ある程度要望を聞き出したところで、いくつかのサンプルを見ていただくことも効果的です。実際のユニフォームを手に取っていただくことで、お客様自身がいろいろなことを発見し、求めるユニフォーム像の輪郭が見えてきます。

太洋の提案力が高い理由は、風通しのいい社内風土

太洋の強みは、社内の風通しがいいので、全員でお客様の情報を共有できる点でしょうか。そのため、ベテランの上司に相談するといろいろなヒントやアドバイスをいただくことができ、結果的に太洋の提案力はかなり高いレベルに達していると思います。また、全員のフットワークが軽く、少し遠くのお客様でもお伺いすることは多いですね。
現在の私自身の目標は、オリジナルユニフォームを担当するスキルを身につけ、一からユニフォーム作りに携わらせていただくことです。そこまでいけば、さらに幅広い提案ができるようになると思います。

▲このページのトップへ

営業 君嶋 駿彰

人と深く関わる仕事がしたいという思い

前職はホテルマンでした。もともと人と接することが好きで、「もっと人と深く関わる仕事に就きたい」と思うようになったのが、転職を決めたきっかけです。太洋のホームページを見たとき、常にお客様のことを第一に考える企業理念と私自身の考えがぴったりマッチしていると感じ、入社を決めました。
入社後、お客様のことを考え、親身になって提案している先輩社員の姿を見て、私の判断は間違っていなかったと確信しました。また、風通しのよい社風も、太洋の大きな魅力のひとつだと感じています。

「できない」は禁句。相手の意見を否定しない

営業 君嶋 駿彰 現在、主に担当させていただいているのは、インターネット経由の新規のお客様です。お問い合わせをいただいたら、すぐに当社のカタログをお送りします。もし近くであれば、カタログを持参して直接ご説明に伺います。当社の製品に興味を持っていただけたなら、お客様のもとへ何度も足を運ぶほか、電話などによる細かなフォローも欠かしません。

大切なのは、どんな些細なことでもまず耳を傾けること。お客様が何を求めているのか。どのような点を疑問に思っているのか。漠然としたイメージでもいいので、まずはすべてぶつけていただきたいですね。そうすることで、充実した提案ができると考えているからです。

そうしたなかで常に心がけているのが、相手の意見を否定しないということ。お客様のご希望に添えない場合でも、「できません」という言葉は決して口にしません。あらゆる方面から情報を仕入れ、お客様にとって少しでも前向きな、より良い提案ができるように、日々努力しています。

企業イメージを決めるユニフォームだからこそ、徹底したヒアリングを

「動きやすく丈夫であるという機能面の重要性はいうまでもありませんが、ユニフォームはさらに、会社や店舗のイメージをビジュアル面から決定するという大切な役割も担っています。お客様の個性が反映されるユニフォームだからこそ、同じ業種や職種でありながら、まったく異なるご要望をいただくことも珍しくはありません。

太洋には、お客様とのコミュニケーションを何よりも大切に考える風土があります。具体的には、何度でも時間をかけてお客様の声をとことんお伺いすること。そのうえでさらに試行錯誤を繰り返しながら、お客様に心から満足していただける製品をご提案することが徹底されています。

当社に、ただ製品を売るという仕事はありません。お客様の声にじっくりと耳を傾けることで会話が弾み、お客様との距離が少しずつ近づいていく手ごたえは、何ものにもかえがたい喜びにつながっています。お客様の声こそ、私の原動力なのです。

▲このページのトップへ

営業 上野 健太

ユニフォームの営業という仕事を選んだ訳

私がユニフォームの営業という仕事を選んだ理由は、人と多く接することが出来、様々な商品の提案が出来る点です。
私は、前職で自動販売機の補充業務に携わっていました。その仕事は人と接する機会は少なく、自動販売機に飲み物を詰めていく作業が主でした。
大変ながらも一年間は続けていましたが、やはり人と多く接することのできる仕事を選びたいと感じました。その中で、営業という仕事に興味を持ち、さらに面接でユニフォームの営業は色々な角度から商品を提案出来ると聞き、素直に楽しそうだと感じました。
また、太洋の風通しの良さそうな雰囲気とお客様のことを一番に大事にする企業理念に共感しまして、入社を決めました。入社して、覚えることが多々あり、毎日忙しいですが、少しでも先輩方や上司の方に追いつけるように、努力していきます。

ユニフォーム選びで大切なポイントは?

営業 上野 健太 ユニフォーム選びで大切なポイントは、企業のイメージやお店のコンセプトと関連して、何を重視するかだと思います。

動きやすかったり、消臭加工等の機能面だったり、金額の面であったり、なるべく早い段階で欲しい等の納期面だったり重視する面はたくさんあると思います。その中でお客様がどれを一番重視しているかが大切になってきます。

お客様にとって、満足してユニフォームを御購入していただきたいので、重視している点をいかに上手く引き出せるように、また、お客様の方から自然とお話しいただけるように、私自身も日々勉強していきます。

営業の際心掛けていること

営業する際に心掛けていることは、お客様が何を望んでいるか、ヒアリングしていく中でわからない点が一つも残らないように会話していくことです。

建設会社、飲食店、病院等、お客様の職種内容は様々でそれによりご提案内容は変わりますが、それぞれにあったユニフォームのご提案が出来るように、お客様から重要視している項目や内容を聞き出すことが大切です。

ですが、重要視している項目が不明確なお客様もいらっしゃいます。お客様に一つでも多く情報を頂けるように、お客様の話に耳を傾けて、その内容の中から重要な点を抜き出して、具現化していくことも大切だと感じています。

太洋の特徴

太洋の良いところは、会社自体の雰囲気が良く、先輩や上司に気兼ねなく相談が出来、必要とあらば的確にアドバイスしてもらえる点です。ユニフォームに関して様々な知識を持っている先輩や上司がいることは、私にとって心強いですし、日々学ぶことがたくさんあります。

また、営業全員が相手の立場になって物事を考え、お客様に満足して頂けるように、日々強く意識して行動しています。

お客様に寄り添い、お客様にとってより良いご提案が出来るのが太洋です。私は太洋の中では最年少ですが、野球部で培った元気と行動力で、お客様のユニフォーム探しを全力でお手伝いさせていただきます。

既成品からオリジナルまで、ユニフォームのことならお気軽にお問い合わせください。 お電話の方はこちらからどうぞ TEL:03-3639-5454
お問い合わせ・カタログ請求
このページのトップへ

ホームページ制作はこちら